手入れも簡単で扱いやすい!機械式時計のイメージを変えましょう

扱いが難しそうなイメージを変える

機械式と名前に付いているだけで、扱いが難しそうな時計だと勘違いをして、機械式時計の購入を止めてしまう人も中にはいます。しかし実際にはゼンマイの巻き方などを少し気を付けるだけで、とても長持ちのする頑丈な時計として扱う事ができます。ゼンマイは1日に1回だけ、同じ時間に巻くだけでも十分に機能しますし、ゼンマイの微調整なども必要ありません。きちんと最後までゼンマイを巻くだけで良いので、機械式時計は扱いが難しいというイメージは変えておきましょう。

金属ブレスの汚れは取っておきましょう

通常の腕時計と同じく、機械式時計も金属ブレスのケアが必要だという点は忘れないようにしましょう。夏場などは特に金属ブレスに汗や皮脂がまとわり付き、臭いが発生する原因になってしまいます。柔らかな生地で表面を拭くだけでも、汗や皮脂は綺麗に取れる事が多いので試してみてください。少しばかり臭いが気になる時には、ウェットティッシュを使って表面を拭いておくと、ウェットティッシュの成分によって臭いが綺麗に落ちてくれます。

セーム革でケースをケアしましょう

ケース部分に汚れが付いてしまった際には、自宅にあるタオルなどで表面を拭くのは止めておきましょう。タオルの素材によってはケースの表面に傷を作る事になり、その小さな傷に汚れが溜まってしまう場合もあります。ケースの表面を拭き取る際には、セーム革のように傷を付けにくい素材を使って拭くようにしましょう。それだけでケースの表面のツヤが元通りになってくれて、機械式時計の美しさをいつまでも保つ事ができるはずです。

ブシュロンとはフランスの一流宝石メーカーです。ハイジュエリーを中心に時計や香水も販売されており、世界中の憧れのブランドとなっています。